スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|- | - | -
大岩義明選手Blog
先日のパラドレッサージュ世界選手権に、総合の大岩選手が
駆けつけてくださったのです。

その様子がBlogに載っていたので紹介したいと思います。
乗馬NET 大岩選手のBLOG

大雨、浸水で本当に大変な時に、駆けつけてくださり
本当に嬉しい限りです。ありがとうございました。
大岩選手に、渋谷さんをはじめ、日本チームみんなが元気をもらいました。




|障害者乗馬 | comments(0) | trackbacks(0)
ちょっとだけ写真Up
ちょっとだけでも、みなさんにイギリスの世界選手権の様子を見てもらいたいので
写真Upしますね。

saffron
鎮守さん騎乗のSaffron

stable
渋谷さん騎乗のDee(左)と菊池さん騎乗のPaul(右)厩舎ステキでしょ!!

handgrazing
こうやって、柵に囲まれているところで青草を食べさせます。

lee
Lee Pearsonと!!今回も魅せてくれました。
Fri 77.176%、Sat 77.333% Sun 79.885% すごかったです!!
|障害者乗馬 | comments(2) | trackbacks(0)
州大会
今、RDAは大忙し。

8月にローカルのRDA馬場馬術の大会があり、
9月に州大会が、
10月にナショナルがあります。

今週から、ライダー達に経路を教え始めました。
敬礼から、常歩での経路、長蹄跡だけ速歩のテストと
テスト自体は簡単なものですが、これを指導していくとなると、
なかなか難しいものです。
|障害者乗馬 | comments(0) | trackbacks(0)
張り切ってますよ〜
月曜日に、イギリス入りして今日で3日目。
一緒にグルームとしてきているOさんにパソコンを借りての更新です。

日本チームは、選手3名、サポートスタッフ6名。
そして今回、と〜〜ってもいい馬たちを手配することが出来ました。

みなさん頑張っていますよ。
では〜
|障害者乗馬 | comments(2) | trackbacks(0)
RDA
行ってきましたよ〜 RDA!!

新しく出会ったライダーも、

2年前に知り合ったライダーも
(子どもの成長は早い!お兄さんになってましたっ)

み〜んな楽しそうに、ポニーに乗っていました。

ボランティアさんも、とっても働き者で、
とってもよく運営されていました。

とりあえず、土曜日と、火曜日の午前中 
レッスンに参加します。

|障害者乗馬 | comments(0) | trackbacks(0)
Nelsonから
香港RDAライダーのNelsonからメールが来ました。
うまともでやっている10の質問に参加したいとのこと。
もちろんOK!!!! どうもありがとーーーーーっ!

2008年パラリンピックへ向けて、今練習に大忙しのNelson。
7月にイギリスで開かれる世界選手権で再会できそうです。
(私も日本チームのお手伝いでイギリスに行きます。
 日本からは4名の選手が派遣されます。)


それでは、Nelsonの回答は こちらっ
|障害者乗馬 | comments(0) | trackbacks(0)
すんごいの見つけましたっ!
よくね、聞かれるんですが、
パラリンピック選手の演技のVTRありませんか?って。

アテネパラのビデオ
(販売されているのではなく、個人的に撮ったのを譲ってもらった)
と、
2005年 オーストラリアの選手達のビデオ(私が撮り集めたもの)

は、あるのですが、多くの人に見せられなくて
残念だな〜って思っていたんです。


先ほど、IPECのビデオを発見したのでここにリンクします。

すんごいですよ。これ。
以前、メアリー先生の家で見せてもらったことがあるのですが、
グレード別にいろんな選手の映像が出てきます。

皆さんは、去年の全国障害者馬術大会(兵庫)でデモンストレーションを
した、アンジェリカ選手は知ってるかな・・・・・?
グレード2に出てきますよ。


それから・・・
アテネで金メダルを取った、リー・ピアソン(グレード1)も。
マウントする(騎乗する)シーンもあるので、
彼の障害の度合いがわかると思います。
馬に乗ってしまえば、彼の障害は正直わからないです。
馬は、とんでもない演技をしますから。
すばらしい選手です。


最後には、各グレードの選手一人ずつ計4人でカドリールの演技を
している所がありますよ。
地面でフォーメーションの練習をしている所もあります。
必見です。


それからそれから、
アテネのも、障害飛越も、馬車競技もビデオがあります。


さっきまで食い入るように見ていたので、
私、かなり興奮していますっ!!
いやーーすごいです。

もっかいリンク先紹介しとこ。
こちらです
|障害者乗馬 | comments(0) | trackbacks(0)
Ohh Nelson
このブログにも度々登場しているNelson! 過去の記事はこちら

久々に、RDA香港のサイトを訪れてみたら、
もうヒーロー扱い!

すんごいことになってます。

私が大学生の時、お世話になった乗馬倶楽部で
障害者馬術の分野の普及において、
トップ選手というか、ヒーロー選手の存在が不可欠って
そういう話題が出たことがあったんです。


Nelsonって、香港で「障害者の馬術」ってのを
盛り上げるのに、一役かっているのだな〜。

北京パラリンピックまであと549日。
まだまだ先と思ってられないんだろな。

がんばれー。Nelson!!
|障害者乗馬 | comments(0) | trackbacks(0)
じっくり 丁寧
昨日、NHKのわくわく授業をみたんですが、
盲学校5年生の授業の様子が紹介されていました。

紹介されていたのは、「漢字」の授業。
小学2年生で習う漢字を勉強している様子だったのですが、

その一つに「馬」がありました。
馬という漢字が10cm×10cmくらいに拡大されていて、点線で膨らんでいます。
子ども達は、それをなぞりながら、馬という漢字の字形を探ります。

続いて先生は子ども達に聞きます。

4つの点てんは 何を示しているのでしょう?

「足かな?」

「馬って4本足なのかな?」
「そうだよ!」

先生は続いて
4つの点の隣にある ひゅ〜って曲がっている部分は何だろう?と聞きます。

「なんだろう?」
「わかんない」
「尻尾!!」
「そうだっ しっぽだ」

今度は先生、「しっぽ、さわったことあるかな?」と聞きます。
「ある」「ない」「な〜い」

ちょうど 児童の1人に ポニーテールをしていた女の子がいました。
○○ちゃんの髪型、うまのしっぽに似ているから、さわって見よう!

み〜んなで、ポニーテールをさわって
「気持ちーい。」

馬←の3本の横線。
これを先生は「タテガミ」と説明しました。
馬が颯爽と走ると、タテガミが風に揺られてとてもきれい。

タテガミって、頭から首にかけてず〜〜っとあるんよ。と
児童一人ひとりの首をなで、○○君はたまーにタテガミ立たせてるな〜と
寝ぐせのことをからかったりして。

とこんな感じで授業は進められていきます。

先生(ごめんなさい、お名前を忘れてしまいました)は、
漢字を知るということは、とても大切なことで、文章の意味を
的確に知ることにつながる。知識もぐっと広がるんです。と
話されていました。

漢字一つずつを、丁寧に、丁寧に教えていく。
こんな風に、授業が進められているんだと思いもしませんでした。
とても新鮮!
児童たちも、イキイキして、一生懸命考えて、熱心にやっていました。


目で見ることで情報を入れることと、
見えない方が情報を入れることって、こんなにも違うのかと思った。


全盲のライダーを教えるときに、
どれだけの情報を伝えていただろうか?って考えてみた。

もしかしたら、ライダーは、頭の中にイメージが湧かないまま
レッスン時間を過ごしていたかもしれないな って思ったら、
どうすべきだったか、こうしたらいいかなと
いっぱいアイデアが浮かんできた。

次に教えるときは、そうやってみよう。


|障害者乗馬 | comments(0) | trackbacks(0)
チャリティオークション
友人から、おもしろネタを頂きましたっ!!

DkThR(ドイツ障害者乗馬協会)がオークションを主催し、
トップライダーたちが出品してくれているのです。
元の記事はこちら

おもしろい試みですよね。
ちょっと元記事は文字化けしている箇所もありますが、
イザベラ・ワース がアーヘンWEGで個人金メダルを取った時に使用したグローブ!!
ってのがあったりして、かなり注目度が高い。

収益は、ドイツ障害者乗馬協会によって、セラピューティックライディングが
必要としているが金銭的な事情でセッションが受けられない人々のために
使われるとのこと。

さすが、治療的乗馬の先進国。
そして、馬術大国として世界トップのライダーの協力を得ているのも
すごいことだっ!

|障害者乗馬 | comments(0) | trackbacks(0)