スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|- | - | -
親と子供
今日、TBSテレビで午後7時から
「難病と闘う子供たち」という番組がありました。


4つの病気について、子供と親御さん、
そしてそこに関わっている方々を取材したものでした。

4つの病気のうち、レット症候群は実際に乗馬のレッスンで
補助をしたことがあり、食い入るように観ていました。

番組の中で、

お母さんが、

「言葉・・・。私たちは、(あいうえお)等の言葉を持っているけれど
 この子には、この子の言葉がある

っておっしゃっていたんです。

耳から聞こえてくる言葉ではなくて、表情だったり、態度だったり
そういったことが、「言葉」であると。


乗馬を教えているときに、私は

この 「聞こえてこない言葉を聞くこと」に集中するときがあります。

楽しいかな?疲れているかな?うれしいかな?
どうだろう?どうかな?って思うんです。

その時にビビッと感じたことを、優先して接しています。
あとで、親御さんに聞いてみると間違っていることもあるのですが、
でもそれはそれで、一歩前に進めるからいい と思っています。


馬との活動を通して、それがライダーにとって一つの刺激に
なって欲しいんですよね。
発語が無くても、多動でも、重度と言われている方たちだって、
いろんな楽しみ方があるんですよね。

あ〜、もっと頑張りたいな〜。もっともっと、やりたいな。
番組を観て、そう思いました。


 




|福祉 | comments(0) | trackbacks(0)
第31回 国際福祉機器展
10月13日から15日まで
東京ビックサイトにて国際福祉機器展が開催されます。

行ったことなくって、どんな感じなのかさっぱり分からないですが
福祉関係にお勤めの方から、ものすごーくおもしろいよ!と
言われ、行ってみることにしました。無料ですグッド

興味ある方はぜひ。

開催要項 第31回 国際福祉機器展
|福祉 | comments(0) | trackbacks(0)