<< ベイブ 都会へ行く | main | かわいいでしょ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|- | - | -
パラリンピック 柔道 81キロ級 加藤 祐司選手
加藤選手は中学から柔道を始めた。
パラリンピックを意識し始めたのは、高校から。

視覚障害を持つため、技を覚えるのには時間がかかるというが
そうやって体に染み付いた技は、彼の武器でもある。

「釣り手(右手)が僕の眼の代わり。相手をコントロールし、
相手が繰り出す技を殺す。足技をかけられても、釣り手が感じる
体圧で、どの足がどのようにうごいているかがわかる」と語る。

背筋が200キロ以上あり、体のバランスがいい加藤選手は
内股を徹底的に練習し、自分の得意技とした。

今回から女子の競技も行われます。
まだ、競技人口も少なく試合に出るのは赤塚選手一人のみになるそうです。

お家芸でもある柔道。
「田村でも金、谷でも金」の柔ちゃんや
残念ながら!?新聞の一面には載らなかった3連覇の野村選手など
オリンピック柔道は大活躍でしたよね。
眠い目をこすりながら、TVにかじりついていたのは私だけじゃないよねグッド

外国勢は格段にレベルアップしていると言うびっくり
オリンピック選手と練習したり、トレーナーや専門家がついて
徹底的に練習しているそうだ。
視覚障害柔道は、まだそのような境遇にはない。
障害者スポーツの置かれている問題の一つであるでしょうね。

メダルの期待も、プレッシャーもあるでしょうが
練習してきた技を思いどうに繰り出せるように願っています。

|パラリンピック | comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
|- | - | -









http://umatomo.jugem.jp/trackback/17
加藤選手 銀メダル
加藤選手が銀メダルを獲得したとの情報が入りました。 金メダルはフランスの選手だそうです。
| うまとも Blog | 2004/09/20 12:18 AM |